光の力でキレイにほくろ除去|最新皮膚科事情

加齢だけではない

シワ

しわは、人によっては受け入れてそのままでいる人もいます。また、老化した姿を嫌がり、治したい人もいるのです。様々な要因で表れてしまうしわは、皮膚科の治療により解消することが可能です。ヒアルロン酸注射などで治せます。

詳細へ

医療系で体質改善

痩身

今行っているダイエットに効果が出ない場合は、大阪にあるクリニックに相談しましょう。医師ならではのダイエット施術を施してくれます。基礎代謝を促進させる器具から、脂肪分解させる注射など、多彩な治療メニューが揃っています。

詳細へ

相談や施術を受ける

整形

女性の中では、自己流で美容法やダイエット法を行っている人もいます。しかし、ひょっとしたら美容やダイエットに効果が無いのではと不安になるものです。そんな時は、人体のエキスパートである美容外科などの医師に相談しましょう。

詳細へ

キレイに跡を塞ぐ

フェイス

もし、体にほくろができたらどうしますか。大体の人は放置してしまいます。体質上の問題で、ほくろができやすい皮膚である人もいるからです。もしくは、皮膚がんの可能性から除去したいと考える人もいるのです。もし、ほくろ除去をする場合は、皮膚科に行って切除手術をすることが多いものです。手術といっても、簡易的なもので、ほくろが出ている患部に麻酔を施してメスや医療用ハサミで切除するだけのことです。そのため、ほくろ除去の手術は日帰りが可能で、社会生活に何の支障も与えないのです。しかし、一般的に広まっているほくろ除去の手術は、日常に何らかの影響を与えなくても、体に影響を与えてしまいます。手術をするという事は、ほくろ切除した範囲分の皮膚が失ってしまいます。失った分の皮膚を補う為に、切除した部分を縫合して馴染ませなければなりません。そのようなやり方だと、抜糸した後に手術跡が目立つ場合があります。服で隠れる部分なら問題ありませんが。顔など普段から、表に出やすいところは正直気になってしまいます。

最近の、皮膚科でのほくろ切除は進化しています。手術方法が多彩になってきているということです。麻酔後の切開手術以外にどのようなものがあるのかというと、特殊な光線を照射させて切除する手術です。従来と同じ、術前に局部麻酔を施しますが、その後に、特殊な光線での切開手術を施していくのです。特殊な光線による手術後は、大体10日前後で傷口が比較的キレイにふさがってくれるのです。それなら、目立つ部分のほくろ切除を受けることになったとしても、何も心配することがありません。